2019年04月21日

統合機動部隊の新設

 東京消防庁は来年のオリンピック・パラリンピックをひかえ、「統合機動部隊」を新たに発足。報道各社が報じています。
 統合機動部隊はおもに東京でのテロに備えた専門部隊です。迅速な対応を可能にするため、特殊救助や化学災害などの部隊を統一的に運用します。20日には運用開始式に続き、スクランブル交差点での爆弾テロを想定した訓練が行われ、最新の機能をもつ指揮車「コマンドカー」もお目見えしました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190420/k10011890511000.html
https://www.sankei.com/affairs/news/190420/afr1904200004-n1.html
posted by TP at 06:10| 報道・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

東京消防庁重点施策(2019)

 東京消防庁が最新(2019年)の重点施策6項目を公表しました。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/kk/priority/priority1.pdf
 論文や面接への対策という観点でも役立つ可能性がありますから、ダウンロードし、熟読しておきましょう。(重点施策だけでなく、それぞれ「策定背景」「組織が取り組むこと」「職員が取り組むこと」に述べられている内容も確認してください。)
 最新6項目は以下の通り。昨年(2018年)とおおむね同様です。

重点施策1:一人でも多くの都民に信頼される東京消防庁にする
重点施策2:東京2020大会を無事に終了させる
重点施策3:どのような災害にも迅速・的確に対応する
重点施策4:一人でも多くの命を救う
重点施策5:一人でも多くの都民に防災への関心をもってもらう
重点施策6:一つでも多くの建物の安全性を向上させる

 ちなみに、一昨年(2017年)は以下の通りでした。

重点施策1:東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の安全・安心
重点施策2:各種災害に対応できる消防活動体制の充実強化
重点施策3:救急需要の増大を踏まえた救急体制の充実強化
重点施策4:災害時の被害軽減に向けた地域防災力の向上
重点施策5:火災予防対策の推進による建物の安全性の向上
重点施策6:都民の期待に応える職員の育成及び組織運営の推進


 6つの重点施策はいずれも重要なものばかりですが、とくに「都民に信頼される東京消防庁にする」という内容が昨年(2018年)から重点施策1に位置している点に注目しておきたい気がします。
 重点施策1(2019)の具体的な取り組みとしては、

◆組織が取り組むこと:キャリア形成を考える機会を提供するなど、活力のある働きやすい環境作りを推進する。/職員の一体感(チーム消防)とコンプライアンス意識の醸成を図る。
◆職員が取り組むこと:将来展望と目標を持ち、自ら成長していく。/法令遵守と業務改善の意識を持つ。

 がそれぞれ挙げられています。
 論文試験対策でも、重点施策1(およびそのための具体的取り組み)に関連するようなテーマをいくつか想定し、備えておくとよいかもしれませんね。(たとえば、「都民に信頼される組織」「活力ある職場環境」「コンプライアンス意識」……といったものが考えられます。)「東京消防庁T類論文試験対策資料集」をお持ちの方は、p.25〜27の「コンプライアンス(法令遵守)/都民に信頼される組織」という項目をぜひ読んでおいてください。
「東京消防庁T類論文対策資料集」について
posted by TP at 06:00| 報道・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

東京消防庁消防官T類1回目採用試験 申込受付開始

 本日より、いよいよ東京消防庁消防官T類1回目採用試験の申込受付期間に入りましたね(今月16日まで)。初めての受験ですと、「インターネット申込」の進め方を確認するのに少し時間がかかってしまったりする可能性もあります。というわけで、申込は余裕をもってお早めに!
posted by TP at 10:00| 試験関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする