2022年11月06日

消防業務に関するデジタル先端技術情報の公募

 東京消防庁のHPに「消防業務に関するデジタル先端技術情報と活用アイデアの公募」が掲載されました。いろいろな場面を想定したうえで、民間企業が有する先端技術や具体的な活用アイデアを募集するとのこと。
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/tfd/hp-kikakuka/koubo.pdf
 東京消防庁が示している「公募テーマの詳細」には、たとえば以下のようなものがあります。
・高齢者やその家族がスマホで住宅内を撮影 ⇒ アプリが住宅内に潜む危険個所など(火災や地震等の災害、日常生活事故)を判別、表示 ⇒ それに基づき各家庭で対策を立てる
・救急相談センター(#7119)の医療機関相談で、必要な情報を相談者から自動音声で取得 ⇒ 相談者のニーズと医療機関側の診療可否の情報をAIが照合し、情報を提供
・通常の訓練では経験することが難しい危険な状況をVR(ヴァーチャル・リアリティ)で再現 ⇒ 訓練や研修に活用する

 ……など。
 近い将来、こうした技術が実用化され、普及したら……と考えるとワクワクしてきますね。
posted by TP at 07:00| 報道・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする