2015年01月23日

外国人向けの防災訓練

 1月15〜21日は、20年前に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに定められた「防災とボランティア週間」です。都内でも防災訓練・講演などのイベントが催されました。とくに注目されるのは大田区の蒲田小学校で実施された外国人向けの防災訓練で、新聞・テレビでも大きく取り上げられました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150118/k10014772501000.html
 2014年に日本を訪れた外国人訪問者は約1341万人と最多を記録しましたし、仕事・ビジネスのために日本で暮らす外国人住民も着実に増えています。2020年東京オリンピック・パラリンピックにむけて、そうした流れはさらに強まるでしょう。外国人訪問者・外国人住民を対象とした防災訓練・情報提供の重要性は今後ますます高まります!
posted by TP at 19:16| 報道・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする