2019年05月29日

災害情報 5つの警戒レベルに

 5月27日付朝日新聞に「避難情報 わかりやすく」という記事が掲載されていました。ご覧になりましたか?
 災害時には気象庁や自治体から防災気象情報、避難情報が出され、避難が促されます。しかしながら、情報を受けても実際には避難しない人も多いのが実情です。昨年7月の西日本豪雨では、200人以上もの犠牲者が出てしまいました。気象庁や自治体の情報が迅速な避難行動につながらない背景には、避難情報がわかりにくいことがあると考えられます。そこで、政府の中央防災会議は、気象庁や自治体が出す情報を具体的にどんな行動が求められるのかという観点から5つの警戒レベルに整理しました。

・警戒レベル1:災害への心構えを高める
・警戒レベル2:避難に備え、行動を確認する
・警戒レベル3:高齢者などが先行して避難
・警戒レベル4:全員避難
・警戒レベル5:命を守るために行動

 たとえば気象庁では今後、各種情報を伝えるさい、どのレベルなのかを示すようになります。「レベル4」なら全員が避難する……というふうに、具体的にどう行動すべきかがすぐわかるようにするのがねらいです。
posted by TP at 19:00| 報道・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする