2019年12月15日

消防団の組織概要等に関する調査

 12月13日、総務省消防庁が「消防団の組織概要等に関する調査」の結果を公表しました。
https://www.fdma.go.jp/pressrelease/houdou/items/8695e20dd5f19ac57d4ac53c8b5067841cf3176b.pdf
 2019(平成31)年4月1日現在の全国の消防団員数は831,982人。前年に比べ11.685人減少しています。一方、近年になって重点的に確保に取り組んできた女性団員(26,605人)、学生団員(5,218人)は前年に比べてそれぞれ600人以上増えました。「学生消防団活動認証制度」を導入する市町村も、東京消防庁を含め全国290自治体に広がっています。
 また、社会環境の変化によって消防団員に占める被雇用者(勤め人)の割合は年々上昇しており、今回の調査結果では73.8%。(ちなみに、被雇用者の割合は1965年にはわずか26.5%に過ぎず、1995年でも64.4%。2010年頃から70%を超えました。)
 消防団員の年額報酬も、東京は地方に比べて比較的高いのですが、都内でも西部・多摩地区の市の報酬が突出して高い……とかいろいろと面白いこともわかりますよ。
 なお、東京消防庁の広報テーマ2020年1月号でも、「消防団」が特集されています。こちらにもぜひ目を通してみてください。
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/camp/2020/202001/data/camp2.pdf
posted by TP at 19:11| 報道・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする