2021年02月27日

東京消防庁T類論文対策資料集 最新版

 近年の東京消防庁消防官T類の論文試験では、「防災(地震など)」をはじめ「高齢化」「国際化」など、最新の情勢をふまえたうえで消防行政のあり方を論じさせるものや、統計グラフ・アンケート調査結果をもとに論じさせるものなど、予備知識やトレーニングを要するテーマが多く出題されています。そこで、T類の論文試験に臨むみなさんを想定し、論文試験対策資料集(2021年2月版)を作りました。資料集は以下5つの章に分かれています。

(1)押さえておきたい論点
 防災に関する主要な論点ごとにポイントを簡単にまとめました。
(2)主要資料別  〜読んでおきたい部分〜 
 「東京の消防白書」「消防白書」「防災白書」…など主要な資料ごとに、ぜひ目を通しておきたい部分を抜粋し、まとめています。
(3)東京消防庁「消防に関する世論調査」結果より
 2017(平成29)年1回目や2018(平成30)年2回目、2019(令和元)年1回目の論文試験は「消防に関する世論調査」の調査結果から出題されました。今後もここから出される可能性があるため、いくつか気になる項目の調査結果とそこから読みとれる内容を簡単にまとめています。
(4)グラフを読み取る練習
 過去問を見ると、「消防に関する世論調査」の他にも実にいろいろなグラフから出題されています。そこで、この章では与えらえたグラフを見て「問題点/課題/傾向」を読み取り、「対応策/取組」を考える練習をします。
(5)「組織や仕事」をめぐる論点の整理
 社会的な課題について論じさせるテーマの他に、組織や仕事のあり方をめぐるテーマが出されることもあります。この章では「組織や仕事」に関連する主要なキーワード(論点)を解説しています。

※論文試験対策資料集(2021年2月版)は、「論文試験対策テキスト(2021年版)」の付録にしています。
⇒ 教材リスト
 参考にしていただければ幸いです。[TPLabo]
posted by TP at 17:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする