2021年03月02日

東京消防庁T類 教養試験対策2021最新版(7)【物理・化学・生物】

*教養試験各回の詳しい出題内容・分野別内訳は元サイトの以下のページに掲載しています。
⇒ https://tokyoshobo.uijin.com/contents01.html

 理科の問題はNo.40〜45。2016(平成28)年までは物理・化学・生物が各3問(地学はもともと出ません)でしたが、2017(平成29)年から生物が2問に減らされ、さらに2018(平成30)年から各分野2問ずつに減らされました。
 9問から6問へと問題数は急減したわけですが、しかし6問でもかなりのウェイトを占めているわけで、対策で手を抜くことはできませんね。理科が苦手な人はいったいどうすればよいのか……ということになりますが、とりあえず化学は未習者にとってはけっこう厳しいかも。事前に対策して点を取りやすいのは物理と生物ではないかなと思います。それぞれの対策を述べると……

<物理>No.40〜41
 とりあえず物理の超重要公式だけは(理解できなくても)丸覚えしておくとよいかもしれませんね。(「オームの法則」「等加速度直線運動の公式」……とか。)公式さえ覚えていれば、それに数値を代入してたやすく答えが出せるような問題もけっこうあるからです。

<化学>No.42〜43
 出題される分野は絞りにくいです。ただ、まったく知らなくても「常識的判断力」で正解がわかってしまうような問題が出る可能性もありますから、試験会場ではあきらめずに食い下がってみましょう。

<生物>No.44〜45
 従来はヒトの「目」「耳」「脳」「神経細胞」「腎臓」「心臓」「血液循環」「ホルモン」……など、人体関連の出題ばかりなのが特徴でした。ただ、2013(平成25)年以降は「細胞分裂」「細胞小器官」「DNA」あるいは植物関連の問題など、出題分野が広がってきつつあり、なかなか出題が読めなくなってきています。でも、少なくとも2問中1問は必ず人体関連だと思いますから、まずは人体関連の項目からチェックしていきましょう!
posted by TP at 07:00| 教養試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする