2021年03月03日

東京消防庁T類 論文試験対策2021最新版(1)

*東京消防庁T類論文の実際の過去問については、以下のページにまとめてありますのでご覧ください。
https://tokyoshobo.uijin.com/contents03.html

 
 東京消防庁T類の近年の論文課題を見ると、2017(平成29)年1回目から2020年度1回目までは、与えられたグラフやアンケート結果などを読み取って論述する形式が続きました。2020年度2回目では傾向がガラリと変わり、「社会人として必要なもの」を論じるという作文のような課題になりましたが、今後、こうした課題が続くのかはちょっとわかりません。(2020年度2回目試験は「追加募集」のようなかたちで急きょ実施された経緯があるため。)したがって、2021年度採用試験を受験するみなさんは、グラフを読み取る形式を想定して答案を書く練習をする一方で、「仕事」に関わる作文のような課題でも書けるように備えておくのがよいと思います。
 ここ10年くらいの問題を眺めると、東京消防庁T類の論文課題はだいたい以下のようなタイプに分けることができます。

A:時事的・社会的なテーマについて、対応策や取組みを述べさせるもの
 2017年1回目から2020年1回目まで、7回続いた「グラフ読み取り」形式の課題も、内容的にはこのタイプに属します。
 与えられるテーマは「地震」「防災意識」「火災」「救急」など消防の業務に直接関連するものから「少子高齢化」「国際化」「情報化」など、広く社会環境の変化に関わるものまでさまざまです。

B:組織や仕事のあり方に関わるもの
 2020年度2回目の課題もそうですが、すこし以前の過去問では2016年度2回目、2015年度2回目などもこのタイプ。

C:ある特定のテーマに関連し、「自らの経験」を踏まえて考えを述べさせるもの
 2013年度2回目、2012年度2回目などで出題されています。

D:「都民が東消に期待していること」など、東京や都民に焦点を当てたもの
 2011年度2回目の出題などが典型です。

 直近の過去問を見るかぎり、AタイプまたはBタイプが出題される可能性が高いか? ただ、CやDのようなタイプが久しぶりに復活する可能性も考えられます。
 以上より、まずはAタイプとBタイプの答案の書き方をしっかり検討していきたいと思います。それが終わったら、念のためにCタイプ、Dタイプの答案の書き方にも言及するつもりでいます。
 (次回に続く。)

※なお、過去問の答案例やくわしい解説は『東京消防庁消防官T類 論文試験対策テキスト(2021年受験版)』に収録しています。内容については以下をご覧ください。参考にしていただければ幸いです。
⇒ https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480170884.html
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする