2021年03月10日

東京消防庁T類 論文試験対策2021最新版(8)

 今回からはCタイプ、ある特定のテーマ、視点に関連して、「自らの経験」を踏まえて考えを述べるタイプの論文について、答案作成のコツを考えてみます。ちなみにこの系統のテーマ、近年はずっと出ていませんが、ひょっとして……ということも。それに、東京消防庁以外の併願先でこのタイプに出くわす可能性もあるので、ぜひ備えておきましょう。
 このタイプは「経験」を踏まえて述べるので、論文というよりは「作文」なのですが、だからといって書くのがラクだとも言いきれません。例として、2013年2回目の論文課題を取り上げてみます。

「あなたが今までに最も困難だと感じた経験から学んだことをあげ、それをこれからどのように活かしていくか述べなさい。」(2013年2回目)
 指示そのものは非常に明快ですよね。「今までに最も困難だと感じた経験から学んだこと」→「それをこれからどのように活かしていくか」という順序で述べればいい。
 留意すべきは、以下のような点でしょう。

★「学んだこと」の中身を端的に、わかりやすく示す
 「困難を感じた経験」が細かく述べられているのに、肝心の「学んだこと」の中身がはっきりしない、というのでは困ります。じゃあその中身をどう表現するかですが、これは消防官(を目指すもの)の立場から考えてみてください。「これからどのように活かしていくか」というのは、むろん東京消防庁消防官としてどのように活かすか、です。だとすると、「学んだこと」の中身は、可能な限り消防官の職務や消防官に求められる資質という観点から考えなくてはなりません。具体的には、「高度なチームワークを築く方法」「つねに冷静な判断と行動」「正確な情報伝達能力」「実践を想定した訓練の重要性」……など、消防官(救急隊員)の職務に直結するようなものにすべきだということです。
 
★「学んだこと」にぴったり整合した経験談を述べる
 言うまでもありませんが、この点もよくよく気をつけてくださいね。たとえば「チームワークのあり方」を学んだのであれば、それを裏付ける経験談はチームのメンバーとの関係性に焦点を当てて述べることになるでしょう。一方、「正確な情報伝達のあり方」を学んだのであれば、経験談では具体的なことばの使い方・話し方に焦点を当てることになります。まず「学んだこと」の中身をしっかり決めてから、それに沿うように自らの経験を述べるようにしましょう。

★経験談にストーリー性をもたせる
 経験談の述べ方にも暗黙の定型があります。当初はうまくいかない状態だった→問題点や課題を洗い出した→改善策を実行した→成果を上げた というストーリーにして語るのがお約束ですよね。消防官の職務の性質を考えるなら、「改善策の実行」は単独行動ではなく、チームのメンバーと力を合わせて実行した事例が望ましいでしょう。(そのうえで自分自身がリーダーシップをとり、率先して行ったという状況ならなおよし。)
 
 答案の前半に「学んだこと」+「裏付ける経験」がきっちり述べられ、後半にそれを受け「(消防官として)どのように活かしていくか」が述べられていれば、とりあえずOK。
 では、次回は全体的な展開・段落構成について取り上げてみることにします。

※東京消防庁T類論文の実際の過去問については、以下のページにまとめてありますのでご覧ください。
⇒ https://tokyoshobo.uijin.com/contents03.html
※なお、実際の過去問の答案例やくわしい解説は『東京消防庁消防官T類 論文試験対策テキスト(2021年受験版)』に収録しています。内容については以下をご覧ください。参考にしていただければ幸いです。
⇒ https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480170884.html
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする