2021年03月26日

東京消防庁T類 論文試験練習用課題(対策問題)−2

 3月15日に提示した課題−1に続いて、課題−2を提示します。
 今回は前回とは違い、「作文」のようなシンプルなテーマです。

「東京消防庁に対する都民の信頼を高めるために必要なことをとくに2つあげ、それをふまえて今後、あなたが当庁の職員としてどのように行動するかを具体的に述べなさい。」(800字以上〜1200字程度)

 T類採用試験では長らくこうしたタイプの課題は出ていなかったのですが、最新2020年2回目の課題がこの手の作文っぽいテーマだったことを考慮すると、絶対に練習しておくほうがよいでしょう。(ちなみに、U類の採用試験では2017年にこの類題が出ています。)
 なお、今回の練習用課題は「論文試験対策2021最新版」の記事に従えば、BタイプとDタイプをミックスしたような内容にしてあります。

[答案作成のヒント]
 答案作成のカギは、やはり「必要なこと」2つをどのような組合せにするかです。うまい組み合わせをなかなか思いつかないようなら、
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/kk/priority/priority1.pdf(「東京消防庁重点施策」)
……なども参考にしてみると良いと思います。
 内容的に重ならないような組合せにすることが大事ですが、それぞれ「東京消防庁に対する都民の信頼を高めるために必要なこと」である点にも注意してくださいね。仕事をするうえでの漠然とした心がけを述べるだけではダメ。それによってなぜ東京消防庁に対する都民の信頼が高まるのかという理由もきちんと示さなくてはなりません。
 「必要なこと」2つの組合せさえきちんと固まれば、全体の答案構成で迷うことはないと思います。
 たとえば、

(1)導入
(2)必要なこと−1
(3)それをふまえて、自分は東京消防庁職員としてどのように行動するか
(4)必要なこと−2
(5)それをふまえて、自分は東京消防庁職員としてどのように行動するか
(6)まとめ・しめくくり

 ……というふうに組み立て、それぞれをていねいに説明していけばよいでしょう。
 自分ならいったいどんな内容・構成で書くか、ぜひ考えてみてください。

※答案例と解説は4月4日前後に論文試験対策テキストをお持ちの方を対象とする「追加・訂正ブログ」上にアップする予定です。(アップすればこちらのブログでもお知らせします。)
※答案の構成のしかたについては、すでにこのブログの「論文試験対策2021最新版(全10回)」記事(3月3日〜3月12日にかけて掲載しています)でくわしく取り上げていますので、ご参照ください。
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする