2021年04月09日

東京消防庁T類 論文試験練習用課題(対策問題)−3

 3月中にアップした課題−1、課題−2に続き、課題―3を提示します。今回は課題−1と同様に、「グラフ・資料を読み取る」タイプになっています。

「以下の資料を見て、高齢者の日常生活事故に関して読み取れる課題と対応策について、あなたの考えを具体的に述べなさい。」(800字以上〜1200字程度)

【年齢別の事故の種類別構成割合】
図1later.png

【発生場所別搬送人員】
図2late.png
( いずれのグラフも東京消防庁「救急搬送データからみる日常生活事故の実態」H30[2018]年による。)

※グラフが小さくて見えない場合は「新しいタブで開く」で表示してみてください。それができなければ、お手数ですが以下の元資料でご確認ください。
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/topics/201910/nichijoujiko/data/all.pdf
(【年齢別の事故の種類別構成割合】のグラフはp.20, 【発生場所別搬送人員】のグラフはp.17に掲載されています。)

[答案作成のヒント]
 前回同様、まずは答案の構成のしかたをざっと確認しておきましょう。
 与えられたテーマから、「高齢者の日常生活事故に関して読み取れる課題」+「対応策」を述べればよいことがわかります。したがって、最もシンプルな構成は、

(1)資料から読み取れる課題
(2)対応策−1
(3)対応策−2
(4)まとめ

 ……といったかたちになるでしょう。
 あくまでこれは一例。たとえば、「課題」を2つに分割し、

(1)読み取れる課題−1
(2)それへの対応策−1
(3)読み取れる課題−2
(4)それへの対応策−2
(5)まとめ

 ……といった展開でも、もちろんOKです。(「課題」については1つだけ挙げろとは指示されていませんからね。)
 なお、「課題」「対応策」の中身については、以下のような点にくれぐれも留意しましょう。

★与えられたテーマには「高齢者の日常生活事故〜〜」とありますから、「高齢者」だけに焦点を当てればよいはずです。(それ以外の年代の人たちを考慮する必要はありません!)

★このテーマでは2つの資料(グラフ)が示されています。1つだけではなく、なぜこの2つをそろえて見せているのか、出題者のねらいをよく考えてみるようにしてください。

★並列構造を用いて「対応策」(や「課題」)を2つに分割するさいには、適切な組合せになるように気をつけます。たとえば、2つあげた「対応策」が、よくよく考えるとほとんど同じことだった(かなり重なりあう内容だった)……といったミスを犯さないように!


 さあ、みなさんならどのような答案を作りますか?

 答案例と詳しい解説は今月(4月)19日頃までに「追加・訂正ブログ」上にアップするようにします。(こちらのブログでもお知らせしますね。)
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする