2021年03月29日

令和2年中の救急出動件数等(速報値)

 3月26日、総務省消防庁が「令和2年中の救急出動件数等(速報値)」を公表しました。
https://www.fdma.go.jp/pressrelease/houdou/items/sokuhouti.pdf
 令和2年(2020年)中の救急車による出動件数は593.4万件、搬送人員は529.4万人で、それぞれ前年に比べると1割以上減少しています。
 全国での救急出動件数や搬送人員が減少したのは2008年以来、12年ぶり。減少した理由としては、「新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う衛生意識の向上や不要不急の外出自粛といった国民の行動変容により、急病、交通事故及び一般負傷等の減少に繋がったこと」があげられています。
 一方、現場到着所要時間や病院収容所要時間については、救急現場における新型コロナウイルス感染症への対応などを背景に、前年よりも延びたそうです。

※余談ですが、東京消防庁では「出動」ではなく「出場」という言い方をします。したがって、論文試験の答案には「出場件数」などと書くとよいでしょう。この記事の本題とは関係ありませんが、念のため。
posted by TP at 07:00| 報道・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする