2021年05月28日

【面接試験直前対策記事−4】自己PR

 面接試験において、志望動機と並ぶもう一つの柱は「自己PR」だ。とくに最近の東京消防庁1類の面接カードでは「面接でPRしたいこと」が最初に来ているので、書く内容・話す内容は事前にじっくり練りあげておかなくてはならない。
 まず、「自己PR」を語るさいの一般的な注意点を挙げてみよう。

★自らのアピールポイント・強みは、わかりやすいキャッチフレーズの形で示す。

 「使命感」「向上心」のようなありがち1単語だけでは弱い。いくつかことばを組み合わせて、自分ならではのキャッチフレーズをくふうしてみるとよい。

★アピールポイントを示したら、それを裏づける実績・経験も合わせて述べる。
 あたりまえのことだが、具体的な実績・経験が示されなければ、面接官は納得しない。

★アピールポイントは、消防官の職務に活かせる内容のものにする。
 消防の仕事内容に関連性が強いと考えられるキーワード(の系列)をいくつか例示してみるとすれば、たとえば、

・使命感/責任感……
・チームワーク/協調性……
・積極性/リーダーシップ……
・コミュニケーション能力(正確に聞き取る/わかりやすく伝える/相手の気持ちを汲む)
・向上心/つねに学び続ける心……
・冷静な判断力/広い視野……


 ……などが挙げられる。これらの中で、あなたが自信をもってPRできるのはどの系統だろう?
 なお、いまあげたのは自分自身の性格・職務スキルに関する一般的なアピールポイントなのだが、消防の業務に直結する専門的なスキルや知識を持っている人は、当然それも最大限PRすればよい。
 専門的なスキルや知識の例としては「救急救命士」の資格などが思い浮かぶが、いまの情勢であれば、「(英語や中国語などの)語学力/異文化コミュニケーションの経験」「ICT関連のスキル」なども強いアピールポイントになる。
 なお、わざわざ言うまでもないかもしれないが、「自己PR」(アピールポイント)を考えるさいには、これからの仕事のどんな局面でそのアピールポイント・強みを活かせるのか、という説明も一緒に考えておくこと。
posted by TP at 07:00| 面接試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする