2021年06月03日

【面接試験直前対策記事−7】集団生活(消防学校)について

 集団生活(消防学校での生活)については必ず問われると思っておいたほうがよい。「消防学校に入るにあたって不安はないか」、もっとはっきりいえば「消防学校での集団生活に耐えられるか」といった類の質問だ。
 基本的に「問題ない」「不安はない」と明確に答えきることが大事だろう。(そこに非常に不安があるという人は、そもそも消防官のような職種を目指すべきではないのでは?)もちろん、きっぱり答えるだけでなく、そう思う根拠・裏づけも示す必要があるが、「私は〜〜時代からずっと○○部に属しており、一時は寮生活も経験しましたから、集団行動には慣れています」といった程度の説明でべつに構わない。
 また、これに類似した質問として、組織の中での人間関係についての質問もある。「あなたよりも年下の者が上司になることもあるが大丈夫か?」……といったものが典型。こちらも相手方に余計な不安を与えないように、明確に答えきるべきだ。
例:「年齢については気になりません。現在の職場(アルバイト先)でも先輩スタッフは私よりも年下ですが、きっちり信頼関係を築いています。/早く入庁した先輩方から学ぶのはあたりまえのことで、年齢はべつに関係ないと思います。」
 余談だが、消防学校に関する話題に限らず、集団・チーム内での関係について質問されることは多いようだ。「チームの中に規律を守れない人がいたらどうする?」「チームメイトと意見が合わなければどうする?」といった質問はその典型。バランスのとれた答え方を事前に考えておこう。
posted by TP at 07:00| 面接試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする