2021年06月08日

【面接試験直前対策記事−10】規範意識・倫理観に関する質問

 たとえば「公務員の不祥事についてどう思うか」といった質問はわりとよくあるのだが、こうした質問で気をつけたいのは、「他人事」「外部からの批判」のような答え方にならないようにすることだ。
 「不祥事はあってはならない」のは当然だが、自分自身が公務員を目指す者であることを決して忘れないように。法律・規則をしっかり守り、高い倫理観をもって職務に取り組むつもりだという自らの決意・心構えを明確に語ってほしい。
 なお、2017(平成29)年1回目に「面接2回」方式が導入されたことについてはすでに言及したが、このとき2回目の面接は具体的な事例(ケース)を引いて規範意識・倫理観を問うような内容になっていた。たとえば「飲み会で未成年の仲間が飲酒しようとしている。あなたはどうするか?」といった感じ。
 この手の質問に、「自分ならこうする」と述べるだけでは不十分。自らの見解・判断の根拠がさらに問われるに決まっているからだ。かりに「法や規則はきっちり守るべき」という立場で具体的に答えるとすれば、「法や規則が存在するのはなぜなのか」「組織としてコンプライアンスの意識を高め、不祥事を防止するためにはどうしたらよいのか」といった点までしっかり考えをまとめておくようにしたい。
posted by TP at 07:00| 面接試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする