2021年09月14日

令和2年 救急活動の現況

 東京消防庁が「令和2年 救急活動の現況」をHPに掲載しました。
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/hp-kyuukanka/katudojitai/index.html
 2020(令和2)年の東京消防庁管内の救急出場件数は約72.1万件。1990(平成2)年の約39.2万件、2000(平成12)年の約57.6万件、2010(平成22)年の約70.1万件と推移し、2019(令和元)年には約82.6万件に達していましたが、2020年には前年比で10万件ほど減りました。言うまでもありませんが、新型コロナウイルス感染症の拡大による外出自粛、活動抑制の影響ですね。
 なお、この資料の第1章(救急活動体制)には救急業務の具体的内容が詳しく示されており、たいへん興味深いです。救急を強く志望されているみなさんはもちろんのこと、そうでない方にも一読をおすすめします。(興味があるところを拾い読み…というのでも構いません。)
posted by TP at 18:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする