2022年12月04日

EMERGENCY CALL 〜緊急通報指令室〜

 12月3日、NHKで東京消防庁の指令室に勤務する職員と119通報者との緊迫のやりとりを追ったノンフィクション、「EMERGENCY CALL 〜緊急通報指令室〜 東京」が再放送されました。(初回放送は今年10月10日。)
 この番組は2022年1月に放送された「横浜市消防局」版が最初で、「東京消防庁」版は第2弾。
 いずれも12月3日〜4日にかけて再放送されましたが、NHKプラスの見逃し配信で視聴することもできます。
https://www.nhk.jp/p/emergencycall/ts/M67V8QZ8LQ/
 最新第3弾となる「埼玉県警・さいたま市消防局」版は12月5日(月)夜10時〜に放送予定なので、よかったらチェックしてみてくださいね。
 「東京消防庁」版では、パニックに陥っている通報者に対し、あくまで冷静に声をかける指令室のオペレーターたちの姿が非常にリアルでした。消防職員というと、さまざまな現場で活動するポンプ隊、救助隊、救急隊の姿をイメージしがちですが、指令室の仕事もきわめて過酷です。休む間もなく、神経をはりつめた対応が果てしなく続きます。彼らの身を削るような奮闘があって都民の生活の安心、安全がかろうじて守られている、という現実。消防職員の仕事の厳しさ、そして大切さをあらためて痛感できました。
posted by TP at 19:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする