2021年03月02日

東京消防庁T類 論文試験直前対策シリーズ記事を開始

 東京消防庁1類採用試験・教養試験対策2021年版のシリーズ記事が終了しました。続いて明日(3月3日)からは、論文試験対策のシリーズ記事(最新2021年版)をスタートします。
 東京消防庁1類の論文試験は独特な傾向があり、1次試験でのウェイトもかなり高いと推測されています。教養試験にもまして周到な準備が必要です。
posted by TP at 13:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

東京消防庁消防官T類・2020年度2回目採用試験の解答解説

 2021(令和3)年1月10日(日)に行われた2020年度2回目の東京消防庁消防官1類採用試験の詳しい解答解説をこのたび作成、公開しました。参考にしていただければ幸いです。
⇒ 教材リスト
 教養試験各問の解説だけでなく、論文試験の解説・答案例も掲載しています。

※2021年度採用試験に向けた直前対策記事は、試験日程が公表されてから掲載を開始する予定です。もう少しお待ちください。
posted by TP at 07:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

東京消防庁消防官U類R2年度試験の解答解説

 令和2(2020)年9月に実施された東京消防庁消防官U類の1次試験(教養試験+論文試験)の詳しい解答解説をこのたび公開しました。
 https://tokyoshobo.uijin.com/contents11.html (教材リスト)
posted by TP at 18:50| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

研究会サイトのページを更新

 2020年度の東京消防庁消防官T類(1回目・2回目)、U類の採用試験の最終結果をふまえて、元サイトの教養試験、論文試験関連ページを更新しました。
https://tokyoshobo.uijin.com/
(右サイトバーにある「教養試験(T類)」「教養試験(U類)」「論文試験対策」などのページです。)
 教養試験の出題傾向はここ数年とくに変化がありません。その一方、論文試験課題についてはT類・U類ともに注目すべき変化が見られます。今年度(2021年度)の採用試験を受験予定の方は、最新の出題をふまえて対策を進めてください。
posted by TP at 19:02| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

令和2年版消防白書 HP上で公表

 1月15日、総務省消防庁が令和2年版の消防白書をHP上に公表しました。
https://www.fdma.go.jp/pressrelease/houdou/items/210115_soumu_1.pdf
 令和2年版白書で取り上げられている5つの特集のうち、特集2「新型コロナウイルス感染症対策」はまさに最新状況を反映したもの。念のためにのぞいてみてください。(本文の該当ページをすべて読むのが面倒であれば「概要版」のファイルで確認するだけでもよいと思います。)
posted by TP at 06:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

「令和2年版 救急・救助の現況」

 総務省消防庁は「令和2年版 救急・救助の現況」を公表しました。
https://www.fdma.go.jp/pressrelease/houdou/
 令和元(2019)年中の全国の救急出動件数は約664 万件、搬送人員は約598 万 人で、いずれも過去最高。
 資料によると、平成11(1999)年における救急出動件数は約393万件。令和元(2019)年は約664万件ですので、20年間で1.7倍に増えました。年齢区分別に見ると、平成11(1999)年の搬送人員のうち65歳以上の高齢者が占める割合は36.9%でしたが、令和元(2019)年には60.0%。背景には、この20年間に進んだ人口構成の急速な高齢化があります。
 救急出動の事故種別構成比の推移もなかなか興味深いです。平成11(1999)年には「急病」による救急出動件数は全体の56.3%でしたが、令和元(2009)年には65.3%まで上昇。「一般負傷」による出動件数も12.1%から15.3%に増えており、明らかに人口構成の高齢化が影響しています。(高齢者は急病やケガになりやすいので。)
 その一方、「交通事故」での救急出動件数は平成11(1999)年に全体の16.4%を占めていましたが、令和元(2019)年には6.5%まで低下。全国の交通事故死者数がこの20年間で3分の1近くまで減少している(9,012人→3,215人)のと符合しています。
論文対策(グラフを読み取る練習)にもなるかと思うので、この資料をぜひ覗いてみてください。(とくに掲載されているグラフを。)
posted by TP at 06:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

東京消防庁消防官T類・2回目採用試験の申込期限

 東京消防庁消防官T類・令和2(2020)年度2回目採用試験の申込締め切りが12月20日(日)午後5時に迫っています。
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/inf/r02/03/saiyou.html
 受験予定の方はすでに申込みを済ませていらっしゃるとは思いますが、もしもまだであればご注意くださいね。(念のため。)
posted by TP at 07:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

東京消防庁T類2回目採用試験の直前対策記事(2020年12月時点)について

 東京消防庁消防官の1類採用試験については、2020年1月〜3月にかけてこのブログにおいて教養試験・論文試験の直前対策記事シリーズを掲載しました。
https://tokyoshobosiken.seesaa.net/category/22637442-1.html
(教養試験対策記事)
https://tokyoshobosiken.seesaa.net/category/22637469-1.html
(論文試験対策記事など)
 大筋ではこれらの記事内容を変更する必要はないと思いますが、2020年8月に行われたT類採用試験(1回目)の1次試験問題で、微妙な傾向の変化のようなものも見て取れます。そのため、現時点(2020年12月)で改めて1類2回目採用試験の1次試験(2021年1月10日実施)に向けた直前対策記事を掲載いたします。
 数日以内に論文試験対策・教養試験対策の各記事をこのブログにアップしますので、少々お待ちください。
posted by TP at 05:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

「新しい日常」に照らした防災訓練

 東京消防庁のHPに「広報テーマ」2020年8月号が掲載されています。
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/camp/index.html#2020_8
 「地域の防災力を高めよう」の中に「『新しい日常』に照らした防災訓練」という項目がありますね。地域の防災力を高めるために、防災訓練はたいへん重要な役割を果たしていますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、訓練実施にあたっても十分な対策が求められます。
 東京消防庁が作成した実施要項の抜粋として、

1 打ち合わせはできるだけ電話やメールで実施 ⇒ 接触機会の低減
2 公式アプリや YouTube 公式チャンネル等の活用を推進 ⇒ オンライン学習の推進
3 屋外や広くて換気の良い屋内で訓練を実施 ⇒ 「密閉」の防止
4 参加者の事前申込や人数の上限設定を推奨 ⇒ 「密集」の防止
5 使用資器材の消毒やハンズフリーマイクの使用 ⇒ 「密接」の防止
6 資料の事前送付などで当日の内容を短縮 ⇒ 接触時間の短縮

 ……が示されています。
posted by TP at 21:50| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

ゲームやキャラクターを活用した啓発活動

 東京消防庁が任天堂のゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」を通して防災への関心を高めてもらう試みを始めた、という記事が毎日新聞に掲載されました。
https://mainichi.jp/articles/20200718/k00/00m/040/274000c (記事の一部)
 東京消防庁のツイッターアカウントを見ると、確かにゲーム画面が投稿されていますね(7月16日)。
 なお、前日7月15日にはサンリオのハローキティと連携した熱中症予防動画も公開されています。
posted by TP at 20:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする