2021年05月25日

【面接試験直前対策記事−3】志望動機(なぜ東京消防庁を目指すのか)

 なぜ他の自治体の消防ではなく、東京消防庁が第一志望なのか? 東京育ちの人なら「生まれ育った東京のために」……という思いを語って理由とすることができるが、東京以外の出身者にはこの手は使えない。また、かりに東京出身者だとしても、これだけでは志望理由としては不十分である。「東京」へのこだわりよりも、「東京消防庁」という職場・組織へのこだわりをしっかり語るべきだ。
 東京消防庁が断然いい……と感じている人は多いだろうが、その「良さ」をいったい、どのように語ればよいのか。なかなかことばが浮かんでこない人は、まずは募集案内や採用サイトに目を通して、すでに入庁して活躍している先輩たちがどう語っているのか、東京消防庁がどのように広報しているのかを確認してみるとよい。
 たとえば、最新版(令和3年版)の職員募集パンフレットの職員インタビューページでも、多くの若手職員が「東京消防庁」を志望した理由を語っている。ぜひ目を通していただきたい。なお、採用サイトにも職員紹介ページがあるが、こちらは仕事内容の紹介に重点が置かれており、「東京消防庁を志望した理由」についての言及は少ない。「東京消防庁を志望した理由」についての言及は、数年前の職員紹介ページのほうが現在のページよりも充実していたので、参考までに2017〜2018年頃の採用サイトからいくつか引用しておく。

参考:<採用サイトの職員インタビューで語られた「東京消防庁の志望理由/東京消防庁の魅力」>(2018・2017)
「数ある消防本部の中から就職先に東京消防庁を選んだ一番の理由は、組織の規模に表される人の多様性を魅力に感じたからです。救急隊やポンプ隊など現場で活動する隊だけでなく、防災指導や予防に特化した職員など、危機管理分野におけるプロフェッショナルが18,000人以上所属する組織は他にありません。」
「東京消防庁は日本一の規模を誇るとともに、世界においても有数の消防機関であり、私が生まれ育った東京の安全と都民の生命・財産を自分の手で守りたいと強く思ったのが東京消防庁を目指した理由です。」
「東京消防庁は、高層ビルが林立した大都市から山岳地帯、海、大島・八丈島といった島しょまで多様な地域を管轄し、多くの人たちの安全を支えていることに重要な存在意義があると思っています。数多くのレスキュー隊員を擁し、より高度な専門部隊としてハイパーレスキューや化学隊、そしてエアハイパーレスキューなどを持っているのも、管内で発生する災害が複雑かつ難易度が高いからで、消防官として自分を高める上でもこれ以上の場はありません。」
「東京の都心部は過密化が進み、建物や施設の高層化・深層化が進んでいます。河川や山もあれば、都市ならではの複雑な災害もある。IRTのような国際援助で重要な役割を果たす機会も含め、色々な経験を積むチャンスに溢れているのが東京消防庁で働く意義・魅力だと思います。」
「東京消防庁には様々な職種・業務があり、自分が予想もしなかった部署に配属されても新たなスキルを身につけることができます。私自身、指令室に配属されるなどまったく考えていませんでしたが、この仕事で様々な知識と経験を得て、ポンプ隊に戻った際にも色々な形で活きました。また、目標を持った職員を応援してくれるのも東京消防庁です。自分を成長させたいと望んでいる方たちにとって、ここは最適な環境だとお勧めできます。」


 採用ページや募集パンフなどの資料を手掛かりに、「東京消防庁ならではの仕事の魅力・やりがい」として語られていることを大まかに整理してみるとすれば、
・組織の規模が大きく、職務の幅が非常に広い
⇒多様な分野の仕事に挑戦できる/(専門的なキャリアをもつ人なら)自分の力を活かせるフィールドがある
・研修制度やキャリアアップのシステムの充実
・日本の政治・経済・文化の中心である首都東京とそこに暮らす人々の安全を守る誇り
・東京が抱える課題は複雑多様化しており、安全に対する都民の関心が高まり、東京消防庁への期待も大きくなっている
 ⇒たいへんだが、やりがいのある仕事だ

 ……といったいくつかの系統に分類できる。自分自身はいったいどういうところに一番強い魅力を感じるのか? じっくり考え、自分なりのことばで説明できるようにしよう。
 東京消防庁が誇る専門部隊、注目すべき制度や取組みなどを取り上げて話そうと考えている人も多いと思うが、その場合にはくれぐれも正しい名称を確認しておくこと。(部隊や部署の名前を間違えない!)
 余談だが……東京都民ではないみなさん・地方出身のみなさんは、かなりの確率で「なぜ地元の消防ではなく東京消防庁を受けるのか?」と質問される。この質問に対し、あやふやな答え方は禁物だ。(「べつに地元でも構わないのですが……」などと答えるわけにはいかない!)どうしても東京消防庁に入りたい、という熱い思いを伝えるには、「東京消防庁ならではの魅力」を具体的にはっきりと述べる必要がある。
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

令和3(2021)年度 T類論文試験課題について

 5月9日(日)に実施された東京消防庁消防官T類採用試験の論文課題は、「デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が人間社会にどのような影響を与えるのか、あなたの考えを具体的に述べなさい。」というものでした。
 2017年度1回目から7回続いた「資料・グラフ読み取り型」ではなく、2020年度2回目の作文っぽいテーマでもない、新しいタイプの出題です。過去問を見ると、類似した出題がまったくないわけではありません。「内容」面では2013年1回目に近く、「形式」面では2014年1回目・2回目に近いと言えるでしょう。ただし、こうした過去の出題と明らかに違う点もあります。
★「DX」という旬のキーワードが正面から取り上げられている
 この点ではおそらく初めてのケース。戸惑いを感じた受験者も多かったことでしょう。「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の定義は確立していませんが、「情報通信技術(ICT)によって人々の生活があらゆる面でより良い方向に変化すること」「デジタル技術を活用して組織を変化させ、業績を改善していくこと」といったような意味合いです。「デジタル技術、情報通信技術(ICT)の活用」みたいな意味なのだろうと推測することは容易で、そうした理解でべつに外してはいません。2013年1回目の課題「さまざまな情報を収集・発信することが容易にできる現在の社会環境のメリットとデメリットをあげ、それについてあなたの考えを述べなさい。」で答案を書きあげていた人、あるいは論文対策テキストの解説を読んでいた人ならば、書くべきネタについてはどうにか切り抜けられたのではないかと思います。
★課題文の指示が「(社会に与える)影響」だけに限定されている
 「デジタルトランスフォーメーション(DX)」というテーマよりもむしろ、こちらの点のほうが意外でした。
 従来の東京消防庁T類採用試験の論文課題を見ると、「課題→対応策」「問題点→対応策」「影響→取組み」……のように書くべき内容は2段階で指定されているケースがほとんど。しかし、今回の課題文には「デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が人間社会にどのような影響を与えるのか」とあるだけです。指示がシンプルすぎるために、答案をどのように構成するか、かえって迷ってしまった人も多かったのではないでしょうか。
 以上を考慮すると、今回の答案作成の最大のポイントは、「DXの実現が人間社会に与える影響」の中身を明確に示すことができたかどうか、という点だと思います。「組織の業務が効率化される/住民生活の利便性が高まる」といったプラスの「影響」(=メリット)だけに焦点を当てるのならそれもよし、「システム全体が障害を受けたときの混乱が大きくなる/デジタルデバイドが拡大する」といったマイナスの側面(=デメリット)にも目配りするのならそれもよし、いずれにせよ「DXの実現が人間社会に与える影響」の中身を明確にすることができたかどうか。その点をふりかえってみてください。
 答案全体の構成についてはいろいろ考えられるでしょうね。これまでの過去問で使ってきたフレームを応用し、

・「DXの実現が人間社会に与える影響」→それをふまえて「(消防行政の)取り組み・対応策1」→「(消防行政の)取り組み・対応策2」→「まとめ」

・「DXの実現が人間社会に与える影響1」→それをふまえて「(消防行政の)取り組み・対応策1」→「DXの実現が人間社会に与える影響2」→それをふまえて「(消防行政の)取り組み・対応策2」→「まとめ」

・「DXの現状/定義」→「DXの実現が人間社会に与える影響」→それをふまえて「(消防行政の)取り組み・対応策1」→「(消防行政の)取り組み・対応策2」→「まとめ」


 ……といった段落構成を採用した人が多かったのではないかと推測します。もちろん、それはそれでOKです。一方、与えられたテーマはあくまで「DXの実現が人間社会に与える影響」だけですので、「取り組み・対応策」の段落をはっきりつくらずに述べることもできるでしょうね。
 また、この手のテーマでは「消防行政(東京消防庁)の具体的取組みを盛り込むべきなのかどうか」がよく議論されますが、課題文を読む限りではどちらでも構わないように思われます。(「消防行政の取組みを述べよ」といった指示がとくにないからです。)
 ちなみに消防行政(消防機関の業務)におけるDXの具体的事例としては、
・救助、救急活動でICT技術を活用した情報共有
・消防指令システムの高度化
・多言語音声翻訳アプリの活用
・各種講習のオンライン化
・各種申請、届出のデジタル化

 ……など、いろいろなネタがあります。でも、なかなか思いつかず、とくに消防行政に限定せずにいろいろな事例を挙げて論述したとしても、それはそれで問題ないでしょう。
 というわけで、今回の答案作成のポイントをもう一度まとめると、
★「DXの実現が人間社会に与える影響」の中身が明確に、わかりやすく示されているかどうか
 そのうえで、
★答案全体が整った段落構成になっているかどうか
 まずはこれら2点だろうと思います。みなさん、いかがでしたでしょうか。
posted by TP at 17:33| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

T類論文 練習用課題−4の答案例・解説について

 4月23日に提示しておいた東京消防庁T類論文対策の練習用課題−4(新型コロナウイルス感染症への消防機関の対応)の答案例・解説を、予定通り「追加・訂正ブログ」にアップしておきました。

※「追加・訂正ブログ」のURL、ユーザー名、パスワードは「論文試験対策テキスト」(2021年受験版)の1ページ目下段に記載されています。(アクセスのさいにはユーザー名、パスワードの入力も求められますのでご注意ください。)
 「論文試験対策テキスト」については以下をご覧ください。
https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480170884.html
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

東京消防庁T類 論文試験練習用課題(対策問題)−4

 それでは最終回となる課題−4を提示します。今回は課題−1・課題−3のような「資料・グラフを読み取る」タイプではなく、また、課題−2のような「組織や仕事」に関わるタイプとも違います。

「新型コロナウイルス感染症に対する消防機関の課題と取り組みについて、あなたの考えを述べなさい。」(800字以上〜1200字程度)

 過去問を見るかぎり、こうした現在進行中の事態、状況にじかに関わるテーマはあまり出ていません。(2016年には試験直前の時期に起きた「熊本地震」について出題されたという例がありますが……。)しかし、出題傾向が変わってこれまでにないタイプのテーマが登場する可能性も否定できない気がしますので、あえてこのテーマを選びました。

[答案作成のヒント]
 いつも通り、答案の構成のしかたをざっと確認しておきましょう。
 与えられたテーマから、「課題」+「取り組み」を述べればよいことがわかります。「課題」の数はとくに指定されていませんので、1つの「課題」に2つの「取り組み」をあげるようにすれば 課題→取り組み1→取り組み2→まとめ という展開になり、課題そのものを2つに分けてそれぞれ取り組みを述べるのなら 課題1→取り組み1→課題2→取り組み2 という展開になります。また、今回の課題では「新型コロナウイルス感染症」について、現状や経緯を簡単にまとめた「前置き」があったほうが自然なので、

(1)現状
(2)課題
(3)取り組み1
(4)取り組み2
(5)まとめ

 あるいは、

(1)現状
(2)課題1+取り組み1  ※「課題」と「取り組み」は別の段落にしてもよい。
(3)課題2+取り組み1  ※「課題」と「取り組み」は別の段落にしてもよい。
(4)まとめ

 こうした段落構成にすると書きやすいのではないでしょうか。
 「課題」「対応策」の中身については、以下のような点にくれぐれも留意しましょう。

★「新型コロナウイルス感染症に対する消防機関の課題と取り組み」となっていますから、消防機関の業務に関わる範囲で考える。(医療機関や教育機関に生じた影響とか、生活困窮者の増加など経済的な問題を取り上げて述べるのは的外れです。)

★「取り組み」(や「課題」)を2つに分けて論述する場合は、うまい組み合わせになるように工夫する。


 東京消防庁のサイトにはずばり「新型コロナウイルスの感染防止対策に伴う対応について」というページがありますから、まずはこれを参考にするとよいでしょう。
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/inf/r02/04/emergency.html
 ただし、ここに挙がっているさまざまな対応、取り組みをそのまま並べていくだけではまとまりません。「対応」を大きく2つ(か3つ)の柱に分け、それぞれに具体的な事例を挙げていくようにしたいですね。

 それではみなさん、自分ならどのような答案を作るか、考えてみてください。

※答案例と解説は5月初めに論文試験対策テキストをお持ちの方を対象とする「追加・訂正ブログ」上にアップする予定です。(アップすればこちらのブログでもお知らせします。)
 論文試験対策テキストについては コチラ をご覧ください。

※これまでに出題した課題は以下の通りです。
・課題−1 消防団員の年齢構成比率の推移 ※グラフ読み取り型
・課題−2 東京消防庁に対する都民の信頼を高めるために必要なこと
・課題−3 高齢者の日常生活事故について ※グラフ読み取り型

※答案の構成のしかたについては、すでにこのブログの「論文試験対策2021最新版(全10回)」記事(3月3日〜3月12日にかけて掲載しています)でくわしく取り上げていますので、ご参照ください。
posted by TP at 08:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月19日

T類論文 練習用課題−3の答案例・解説について

 4月9日に提示しておいた東京消防庁T類論文対策の練習用課題−3(高齢者の生活事故関連)の答案例・解説を、予定通り「追加・訂正ブログ」にアップしておきました。
 この手のグラフ読み取り系の課題の場合、やはり与えられたグラフから何を読み取るかが決定的に重要だと思います。出題者は「読みとってほしい内容」を想定しているはず。そのあたりを冷静に検証してみてください。
 なお、課題−4は4月23日頃をめどに提示する予定です。

※「追加・訂正ブログ」のURL、ユーザー名、パスワードは「論文試験対策テキスト」(2021年受験版)の1ページ目下段に記載されています。(アクセスのさいにはユーザー名、パスワードの入力も求められますのでご注意ください。)
 「論文試験対策テキスト」については以下をご覧ください。
https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480170884.html
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

東京消防庁T類 論文試験練習用課題(対策問題)−3

 3月中にアップした課題−1、課題−2に続き、課題―3を提示します。今回は課題−1と同様に、「グラフ・資料を読み取る」タイプになっています。

「以下の資料を見て、高齢者の日常生活事故に関して読み取れる課題と対応策について、あなたの考えを具体的に述べなさい。」(800字以上〜1200字程度)

【年齢別の事故の種類別構成割合】
図1later.png

【発生場所別搬送人員】
図2late.png
( いずれのグラフも東京消防庁「救急搬送データからみる日常生活事故の実態」H30[2018]年による。)

※グラフが小さくて見えない場合は「新しいタブで開く」で表示してみてください。それができなければ、お手数ですが以下の元資料でご確認ください。
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/topics/201910/nichijoujiko/data/all.pdf
(【年齢別の事故の種類別構成割合】のグラフはp.20, 【発生場所別搬送人員】のグラフはp.17に掲載されています。)

[答案作成のヒント]
 前回同様、まずは答案の構成のしかたをざっと確認しておきましょう。
 与えられたテーマから、「高齢者の日常生活事故に関して読み取れる課題」+「対応策」を述べればよいことがわかります。したがって、最もシンプルな構成は、

(1)資料から読み取れる課題
(2)対応策−1
(3)対応策−2
(4)まとめ

 ……といったかたちになるでしょう。
 あくまでこれは一例。たとえば、「課題」を2つに分割し、

(1)読み取れる課題−1
(2)それへの対応策−1
(3)読み取れる課題−2
(4)それへの対応策−2
(5)まとめ

 ……といった展開でも、もちろんOKです。(「課題」については1つだけ挙げろとは指示されていませんからね。)
 なお、「課題」「対応策」の中身については、以下のような点にくれぐれも留意しましょう。

★与えられたテーマには「高齢者の日常生活事故〜〜」とありますから、「高齢者」だけに焦点を当てればよいはずです。(それ以外の年代の人たちを考慮する必要はありません!)

★このテーマでは2つの資料(グラフ)が示されています。1つだけではなく、なぜこの2つをそろえて見せているのか、出題者のねらいをよく考えてみるようにしてください。

★並列構造を用いて「対応策」(や「課題」)を2つに分割するさいには、適切な組合せになるように気をつけます。たとえば、2つあげた「対応策」が、よくよく考えるとほとんど同じことだった(かなり重なりあう内容だった)……といったミスを犯さないように!


 さあ、みなさんならどのような答案を作りますか?

 答案例と詳しい解説は今月(4月)19日頃までに「追加・訂正ブログ」上にアップするようにします。(こちらのブログでもお知らせしますね。)
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

T類論文 練習用課題−2の答案例・解説について

 3月26日に提示しておいたT類論文対策の練習用課題−2(東京消防庁に対する都民の信頼を高めるために必要なこと)の答案例および解説を、予定通り「追加・訂正ブログ」にアップしておきました。アクセスできる方はぜひ一読してくださいね。

※「追加・訂正ブログ」のURL、ユーザー名、パスワードは「論文試験対策テキスト」(2021年受験版)の1ページ目下段に記載されています。(アクセスのさいにはユーザー名、パスワードの入力も求められますのでご注意ください。)
 「論文試験対策テキスト」については以下をご覧ください。
https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480170884.html
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

東京消防庁T類論文 「作文」的課題での答案の急所

 今年は先日(3月26日)提示した練習用課題(対策問題)−2のような感じの「作文」的な課題での練習もやっておくべきですね。こうしたタイプの課題での答案構成法については、直前対策記事シリーズ(7)〜(9)あたりで詳しく取り上げました。
東京消防庁T類 論文試験対策2021最新版(7)
東京消防庁T類 論文試験対策2021最新版(8)
東京消防庁T類 論文試験対策2021最新版(9)
 きょうは、答案構成に先立つ大切なポイントについてお話ししましょう。(先日、東京消防庁消防官T類を志望するみなさんの答案を集中的に添削する機会がありまして、あらためて痛感したことです。)
 たとえば、「消防官に必要なこと」「消防官に求められるもの」など、仕事に関する姿勢(あるいは組織のあり方)について述べさせるタイプの作文的課題においては、
・消防官(や消防機関)に求められるものを明快なキャッチフレーズにして示す
 ように心がけるべきですが、この点は大多数のみなさんがしっかりクリアできています。しかし、もうひとつ、とても大切なポイントがあります。それは、
・なぜそれが消防官(東京消防庁)の仕事に必要なのか、その理由を明確に述べる
 ということ。
 「消防官に求められるもの」の中身は「チームワーク」「規律」「冷静な判断力」「コミュニケーション能力」……など実にいろいろな側面から考えられ、答案ではどれを取り上げて書くこともできますよね。でも、ここで気をつけてください。消防官の仕事に「チームワーク」「規律」「冷静な判断力」「コミュニケーション能力」……が重要だと言えるのは、いったいなぜなのか? 答案ではそれをしっかり説明してほしいのです。
 とくに「かっこいい」「高度な」説明でなくてもいい。ごくふつうの、わかりやすい説明で十分です。しかし、こうした理由の説明がきちんとあるかないかが答案の説得力を大きく左右します。ごくシンプルな作文的な課題で書く場合には、ぜひこの点に留意してくださいね。(「あたりまえだからわざわざ説明しない」というのはだめ!)
 先日の対策課題−2について言えば、「東京消防庁に対する都民の信頼を高めるために必要なこと」の中身はいろいろあります。何を選んでも構いませんが、それが東京消防庁に対する都民の信頼を高めることにつながるのはなぜなのか? その説明にしっかりこだわってみてください。

※練習用課題(対策問題)−2の答案例・解説は予定通り、4月4日にアップします。
posted by TP at 08:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

東京消防庁T類 論文試験練習用課題(対策問題)−2

 3月15日に提示した課題−1に続いて、課題−2を提示します。
 今回は前回とは違い、「作文」のようなシンプルなテーマです。

「東京消防庁に対する都民の信頼を高めるために必要なことをとくに2つあげ、それをふまえて今後、あなたが当庁の職員としてどのように行動するかを具体的に述べなさい。」(800字以上〜1200字程度)

 T類採用試験では長らくこうしたタイプの課題は出ていなかったのですが、最新2020年2回目の課題がこの手の作文っぽいテーマだったことを考慮すると、絶対に練習しておくほうがよいでしょう。(ちなみに、U類の採用試験では2017年にこの類題が出ています。)
 なお、今回の練習用課題は「論文試験対策2021最新版」の記事に従えば、BタイプとDタイプをミックスしたような内容にしてあります。

[答案作成のヒント]
 答案作成のカギは、やはり「必要なこと」2つをどのような組合せにするかです。うまい組み合わせをなかなか思いつかないようなら、
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/kk/priority/priority1.pdf(「東京消防庁重点施策」)
……なども参考にしてみると良いと思います。
 内容的に重ならないような組合せにすることが大事ですが、それぞれ「東京消防庁に対する都民の信頼を高めるために必要なこと」である点にも注意してくださいね。仕事をするうえでの漠然とした心がけを述べるだけではダメ。それによってなぜ東京消防庁に対する都民の信頼が高まるのかという理由もきちんと示さなくてはなりません。
 「必要なこと」2つの組合せさえきちんと固まれば、全体の答案構成で迷うことはないと思います。
 たとえば、

(1)導入
(2)必要なこと−1
(3)それをふまえて、自分は東京消防庁職員としてどのように行動するか
(4)必要なこと−2
(5)それをふまえて、自分は東京消防庁職員としてどのように行動するか
(6)まとめ・しめくくり

 ……というふうに組み立て、それぞれをていねいに説明していけばよいでしょう。
 自分ならいったいどんな内容・構成で書くか、ぜひ考えてみてください。

※答案例と解説は4月4日前後に論文試験対策テキストをお持ちの方を対象とする「追加・訂正ブログ」上にアップする予定です。(アップすればこちらのブログでもお知らせします。)
※答案の構成のしかたについては、すでにこのブログの「論文試験対策2021最新版(全10回)」記事(3月3日〜3月12日にかけて掲載しています)でくわしく取り上げていますので、ご参照ください。
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

T類論文 練習用課題−1の答案例・解説について

 3月15日に提示しておいたT類論文対策の練習用課題−1(消防団関連)の答案例および解説を、予定通り「追加・訂正ブログ」にアップしておきました。アクセスできる方はぜひ一読してくださいね。

※「追加・訂正ブログ」のURL、ユーザー名、パスワードは「論文試験対策テキスト」(2021年受験版)の1ページ目下段に記載されています。(アクセスのさいにはユーザー名、パスワードの入力も求められますのでご注意ください。)
 「論文試験対策テキスト」については以下をご覧ください。
https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480170884.html

※練習用課題−2は3月25日〜26日頃に出題する予定です。(課題−1とはまったく別のタイプのテーマ。)もうしばらくお待ちください。
posted by TP at 08:58| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする