2020年07月30日

東京消防庁T類・論文試験 本番直前の確認

 素晴らしい答案を書く秘訣をひとことで示すのはいくらなんでも無理。でも、失敗を防ぐための注意点なら、かなり具体的にあげることができます。
 言うまでもありませんが、論文試験では与えられたテーマを正確に把握し、構成案(段落ごとにどんな内容、素材を盛り込むかを示したメモ)をつくる最初の段階が決定的に重要です。したがって、「テーマの把握」や「段落構成」について、どんなことに留意すべきかをざっとまとめておきます。

★与えられたテーマを正確につかむ
*たとえば、「〜〜課題を2つあげ、それぞれの対応策についてあなたの考えを具体的に述べなさい。」と指示されている場合には、「課題1とその対応策」「課題2とその対応策」をはっきり別々に示さなくてはなりません。(「課題」の数は1つではだめだし、3つでもだめ。)かりに「課題をあげ」とあるだけなら、「課題」を1つだけ示し、対応策・取り組みをいくつかに分割して述べるような書き方でも構わないことになります。
*「課題(or問題…)」などを2つ別々にあげる場合には、内容的に重ならないようにくれぐれも注意してください。答案を書き進めたあとで2つの内容がほとんど同じになってしまうとか、一方がもう一方に含まれてしまうと気づいても、もうどうにもなりません。
*指示が「資料から読み取れる課題をあげ」となっていたら、与えられた資料のどこからその課題が読み取れるのか、その根拠も明確に示しておくべきです。
*最近はしばらく「課題」+「対応策」を述べよという指示になっていますが、もちろんこうした用語は変わる可能性があります。(「問題点」+「対応策」、「問題」+「解決方策」、「課題」+「消防職員としての取組み」、「影響」+「方策」など、過去にはいろいろな組合せで出題されています。)「課題」や「問題」、「対応策」「解決方策」「取組み」などの言葉もきちんと指示通りに使っておくのが無難でしょうね。たとえば、「影響」をあげよ、と指示されているにもかかわらず「影響」という言葉を使わずに「課題」や「問題」という言葉で述べる……といった書き方は絶対に避けることです。テーマをきちんとつかんでいない、と判断される危険があります。
「課題(or問題)」とそれへの「対応策/取り組み」がきちんと対応しているかにもくれぐれも気をつけてください。たとえば、「住民の防災意識を高めること」が課題だとし、そのための具体的な取組みをいくつか述べていく場合、当然「防災訓練/防災教育」などを取上げることになりますが、最後にうっかり「建物の耐震化」のように「防災意識」と直接関わらない取組みまで入れてしまう……といったミスは非常に多いのです。

★段落構成をきちんと決める
*多くのみなさんはすでに自分が得意とする段落構成の型をお持ちでしょうから、本番でも基本的には自分の型で勝負すればよいです。(ふだんと異なる書き方をするのは危険。)
*段落構成を考えるさいには、
第1段落:1つめの課題とその理由・根拠を示す
第2段落:それへの具体的な対応策をいくつかあげる
第3段落:2つめの課題とその理由・根拠を示す
第4段落:それへの具体的な対応策をいくつかあげる
 ……のように、それぞれの段落に何が書かれているのかがはっきりするようにつなげていきましょう。
・ある段落に「課題」「対応策」「背景」…など、何もかも詰めこんだ結果、その段落でいったい何が中心的に述べられているのかはっきりしない
・ある段落と次の段落が論理的にどうつながっているのかがさっぱり理解できない
 こんな書き方をしてはいけません!
 答案を読む側が「この段落で1つめの課題が示されているな」「この段落にはさっきの課題について具体的な対応策・取り組みが書かれているわけだな」……というふうに、すんなり理解しながら読み進めることができるように書くのが鉄則です。

 その他の留意点もあえて挙げるとするなら……

★接続詞を適切に使う
 「なぜなら(〜だから)」「たとえば/具体的には」「したがって」「しかし(ながら)」のように前後の文の論理的関係を明確にする接続詞を適度に使っていくとよいです。取組みなどを並列して述べていく場合にも、「まず」→「また(次に)」→「さらに」などの接続詞を用いると読みやすくなります。(接続詞を全然使っていない、あるいは前後の内容からして不適切な接続詞が用いられている……そんな答案は非常に読みにくい。)

★最後の「しめくくり」もきちんと用意しておく
 公安系職種の論文では、自らの使命感の強さや職務に対する熱意を述べた「決意表明・抱負」のような文でしめくくるスタイルが好まれます。どんなテーマでも使えるようなしめくくりを、あらかじめしっかり準備しておくべきでしょう。(最終段階での字数調整や時間切れ防止策といった意味合いでも。)

 最近6回続いている「資料(グラフ)読み取り形式」を想定して練習を重ねてきた人も多いと思います。ただ、正直なところ今回どうなるかわかりません。前回までとまったく違うスタイルで来る可能性だってあります。どんな出題であっても、あわてず、冷静に臨んでくださいね。テーマを正確に把握し、きちんと構成案をつくる……といった手順の基本は変わりません!

※こちらのブログで掲載していた「論文試験対策2020年版」のシリーズ記事では、テーマの系統別にくわしく解説しています。よければそちらもご覧ください。
posted by TP at 06:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

論文試験対策 直前シミュレーション

 異例の延期を経て、いよいよT類採用試験の1次試験が迫ってきました。論文試験にむけた準備は万全でしょうか。
 論文試験のテーマを予想するのは難しいですが、近年の出題傾向をふまえ、ここではとくに「押さえておきたいテーマ」をいくつかあげてみることにしたいと思います。かりに本当に出題されたら、どのような内容で書いていくか(どんな論点を取り上げるか)、おおまかにシミュレーションしてみてください。

★防災系のテーマの確認
 防災系のテーマについてはすでに固めきっているというみなさんも多いことでしょう。「防災」全般というのではなく、もうすこし細かく場合分けしたうえで、それぞれ自分ならどのような内容で論述するかを考えておくとよいかもしれません。
<シミュレーション例>
・首都直下地震に備えてどのような取組みが必要か?
*一般的な「地震対策」だけではなく、「木造住宅密集地帯」や「高層建築物」の存在、大量の「帰宅困難者」の発生など、東京に特有の事情についても整理しておきましょう。
・地域防災の要となる消防団員を増やすためにはどのような取組みが必要か?
*これは対策課題(練習課題)としても出題しておきました。もちろん、「消防団員が減少している原因、背景」などについても事前にきちんと整理しておいてください。
・災害発生時、高齢者(や障がい者)の安全を守るためにはどうすればよいか?
*ここ数年、頻発している台風・豪雨災害でも、避難が遅れた高齢者が犠牲になるケースが非常に多いですよね。
・災害発生時、外国人(訪問客)の安全を守るためにはどうすればよいか?
*新型コロナウイルス感染症の影響で外国人訪日客が激減したため、出題の可能性は低くなったかな……。

★救急系のテーマ
 「救急者の不適切な利用」についてはズバリ昨年に出題されました。なので、救急関連での出題がもしあるとすれば異なる角度から問われるでしょう。
<シミュレーション例>
・応急救護講習や救命講習の意義とは何か? これらへの参加者を増やすためにはどのような取組みが必要か?
・救急件数における生活事故(家での転倒など)にはどんな特徴があるか? 生活事故を防ぐためにどのような取り組みが必要か?
*生活事故については、対策課題(練習課題)として出題しておきました。

★組織のあり方に関連するテーマ
 最近はしばらく出題されていませんが、ひょっとすると……という気もします。シミュレーションしておく価値はあるかも。たとえば、次のように問われたらいったいどのような内容を論述するか、考えてみてください。
<シミュレーションの例>
・東京消防庁がコンプライアンスを高め、都民の信頼に応えるためにどのような取組みが必要か?
・大地震の発生や感染症の蔓延などの非常事態において、東京消防庁は組織的にどのような対応をとるべきか?

 これら以外でも、たとえば「雇用に関連するテーマ」とか。これまでの過去問を見ると、どういうわけか、東京消防庁T類の論文では「若者の離職率の高さ」「団塊世代の大量退職の影響」など、雇用に関連するテーマがときおり出題されていますよね。「働き方改革」や「雇用対策」について、ざっと調べておくとよいかも。新型コロナウイルス感染症の影響で、雇用確保や働き方の見直し(「テレワーク」の普及など)は社会的にも大きな課題となっていますしね。

※「論文試験対策資料集」をお持ちの方は、各章の内容をざっと見ておいてください。
posted by TP at 16:24| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

東京消防庁T類 論文試験の練習用課題(対策問題)

 東京消防庁T類・論文対策連続記事(9回分)が先月で終了してから、だいぶ時間がたちました。
 T類採用試験の日程が延期されたため、論文対策をどう進めてよいのか迷っている方も少なくないのでは? 過去問に取り組むとしても、すでに主要なテーマは一通り書いてしまったとか。そんなみなさんを想定し、T類の出題傾向に合わせた練習用課題(対策問題/予想問題)を出題することにしたいと思います。(昨年と同様、まずは2テーマ分を準備しました。)
 このブログで練習用課題を提示し、数日後をめどに答案例・解説の記事を「追加・訂正ブログ」にアップしていくという流れでいく予定です。今日明日中にも第1回目の課題を提示するつもりですので、少々お待ちください。

※2020年の練習用課題(対策問題)はいったん非公開にしました。最新動向をふまえたうえで、2021年度の試験に向けた練習用課題(対策問題)を2021年3月中旬頃に公開する予定です。
posted by TP at 10:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

令和元年版消防白書

 2月18日、令和元年版消防白書が総務省消防庁のサイトに公表されました。
https://www.fdma.go.jp/publication/hakusho/r1/47787.html
 前年(平成30年版)の白書と比べるとさほど目立った変更のない項目も多いのですが、最新の情勢を踏まえるなら、8つの特集のうち昨年の台風15号・19号の被害をふまえた特集1「最近の大規模自然災害への対応及び消防防災体制の整備」や2020東京オリンピック・パラリンピックを想定した特集3「大規模イベント開催を見据えた外国人・障害者への対応」、AI関連技術の開発の進展を受けた特集4「Society5.0時代におけるAI等の活用」などにはざっと目を通しておくとよいでしょう。

★特集1「最近の大規模自然災害への対応及び消防防災体制の整備」に示された今後の対応
 住民の避難行動を促すための地方公共団体からの適切な情報発信のあり方、防災行政無線の戸別受信機をはじめとする地方公共団体が情報を確実に住民に伝えるための情報伝達手段の整備、住民の自発的な避難を促進するための地方公共団体における防災訓練の充実などについての取組を検討

★特集3「大規模イベント開催を見据えた外国人・障害者への対応」に示された具体的取組事例
<外国人・障害者からの119番通報等に対する取組>
○ 訪日外国人の増加により、119番通報時や救急現場での、外国人に対する円滑なコミュニケーションが求められていることから、「電話通訳センターを介した三者間同時通訳」及び「救急ボイストラ」の導入を促進
○ 聴覚・言語障害者がスマートフォンを活用し、音声によらない円滑な通報を行える「Net119 緊急通報システム」の導入を促進
※いずれの施策も2020年中に全ての消防本部への導入が目標
<災害情報伝達及び避難誘導ガイドライン>
○ 平成30年3月に、「外国人来訪者や障害者等が利用する施設における災害情報の伝達及び避難誘導に関するガイドライン」を策定。本ガイドラインのポイントを分かりやすくまとめたリーフレットを駅・空港や競技場、旅館・ホテル等の施設の関係者に配布し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて外国人・障害者に配慮した情報伝達及び避難誘導の普及を促進

★特集4「Society5.0時代におけるAI等の活用」に示された研究開発の状況
<消防ロボットシステムの配備>
○ 耐熱性が高く、災害状況の画像伝送や放水等の消防活動を行う、AI技術を活用した消防ロボットシステムの研究開発を平成26年度から実施
○ 平成30年度末に消防ロボットシステム(スクラムフォース)は完成し、令和元年5月24日に本システムを装備した特殊装備小隊が発足
<迅速な救急搬送を目指した救急隊運用最適化の研究開発>
AIを活用して、消防本部の救急活動データと気象予報の関係性の分析結果から救急需要が多く見込まれる地域をリアルタイムにメッシュで予測し、事前に救急隊を移動配置することにより、現場到着所要時間を短縮する手法を開発
○ プログラムの実証実験を行うとともに、救急隊の最適配置モデルを検証中
○ 令和2年度の完成を目指して研究を進める予定
posted by TP at 06:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

「消防に関する世論調査」最新結果

 1月21日、東京消防庁のHPに「消防に関する世論調査」の最新結果(令和元年)が公表されました。
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/yoron/yoronR01.html
 みなさんもご存じのように、近年、東京消防庁T類採用試験の論文では「消防に関する世論調査」の結果が何度も出題されています。これまでに出題された項目が再び登場することはまずないでしょうから、まだ出題されたことのない項目のうち、とくに気になるものを挙げるとすれば、「応急手当に関する質問(Q7−1,2)」や「消防団の活動の魅力に関する質問(Q11)」あたりでしょうか。T類受験者のみなさんには、ぜひ目を通しておくことをおすすめします!
posted by TP at 18:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

平成30年 消防に関する世論調査

 東京消防庁が平成30年の「消防に関する世論調査」結果概要を公表しました。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/yoron/yoronh30.html
 この調査は、都民の消防行政や防災に対する認識、日頃の防災体制の実態や消防行政に対する意見や要望などを把握し、今後の消防行政施策立案の基礎知識とすることを目的に毎年行われているもの。
 ご存知のみなさんも多いと思いますが、最近はT類の論文試験でグラフ・アンケート結果などをもとに論述させるスタイルが続いており、平成29年1回目試験・平成30年2回目試験でずばりこの「消防に関する世論調査」の結果から出題されました。というわけで、T類志望者のみなさんにはざっとのぞいておくことをおすすめします。
posted by TP at 06:36| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

平成29年中の住宅火災・放火火災の実態

 先日、東京消防庁のHPに「平成29年中の住宅火災・放火火災の実態」という資料がアップされました。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-bouanka/house/fire/h29.html
 東京消防庁T類の論文試験で出やすいテーマといえば地震など自然災害なのですが、住宅火災や救急に関する現状もできるだけ押さえておいたほうがよいと思います。ねらわれる可能性はありますからね。
 資料全部を読むのはたいへんですが、「概要版」ならば1枚(1ページ)にまとまっています。これに目を通しておくだけでも、実際に出題されたときにもあわてず書くべき内容を整理できると思います。

★「第1章 住宅火災の実態」の要点
・住宅火災の死者のうち高齢者が占める割合は7割以上で推移している。
・住宅火災は「高齢者一人暮らし」世帯で最も多く発生しており、「高齢者夫婦のみ」世帯と合わせて半数以上を占めている。
・住宅火災の出火原因としては「こんろ」が最も多いが、死者が発生した火災に限れば「たばこ」が最も多い。 
・住警器が設置してある住宅と未設置の住宅を比べると、前者のほうが被害・損害が少ない。

こうした実態がある程度頭に入っていれば、対策としても「高齢者の安全確保」「タバコの不始末防止」「住警器の設置推進」……などがおのずと浮かんできますよね。
posted by TP at 06:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

東京消防庁T類1回目論文の講評

 5月20日、T類1回目の1次試験が行われました。受験されたみなさん、本当にお疲れさまでした。
 論文は平成29年1回目から3回連続で「グラフ読み取り」形式となりましたね。「課題を2つあげ」よ、という指示も定着してきています。
 一方で、「若者の早期離職」というテーマは消防の業務からかなり離れたものだったので、めんくらった人も多かったでしょう。
 東京消防庁消防官T類の論文では、平成18年〜21年頃にかけて、「情報化/インターネット」「団塊の世代の大量退職が社会に与える影響」「人口減少/少子高齢化」など、まるで行政事務区分のような論文テーマが続いていた時期があり、その頃に戻ったような印象を受けます。
 しかしながら、今回のテーマでは雇用問題に詳しくないと書けない、ということはとくにないと思います。最大のポイントは、グラフを見てきちんと「読み取れる課題を2つあげ」られたかどうかでしょう。
 まず、
・大学新卒者よりも高校新卒者のほうが3年以内離職率が高い ……@
 ということはすぐに読み取れます。
 もう一つは?
 落ち着いてグラフを眺めてください。
・就職率が低い時期に就職した学生(生徒)の離職率は高い  ……A
 ことがわかりますし、また、ごく最近の推移だけを見れば、
・(近年は)就職率が上昇しているのに3年以内離職率は下がっていない ……B
 という点に目をつけることもできるでしょう。
 「読み取れる課題を2つ」別々にきちんとあげることができたら、「それぞれの対応策」のほうはどうにかなるはずです。
 要は、3年以内離職率を下げるにはどういう取組みをしたらよいかということですから、「高校や大学での職業教育(キャリア教育)を充実させる」「説明会などで学生(生徒)が採用側とじっくり話せる機会を増やす」「インターンシップ制度の活用を進める」「採用側がメンター(≒新人指導係)制度を整備する」……など、冷静になって考えればいろいろ出てくるでしょう。あとは、「2つの課題(とそれぞれの対応策)」をはっきり分け、わかりやすい段落構成をとって述べていけばよい。
 東京消防庁や消防行政に結びつけて論じるかどうかは迷うところ。とくに指示されていないので、無理に東京消防庁や消防行政に言及する必要はないように思います。ただ、できれば言及しておきたいと考える人は多いでしょう。それなら「東京消防庁においても、早期離職をなるべく防止するため、新人の指導・育成のあり方を検証し、改善をはかっていくべきだ」といったようなことをさらっと述べておけば十分。
 「グラフ読み取り」はまだ続く可能性があるので、今後はさまざまなテーマに関する知識・論点の整理に加えて、短時間でグラフから「課題」「問題点」を的確に読み取る練習をしておくとよいかもしれませんね。時間的余裕があれば、「グラフ読み取り」の練習メニューも試作してみたいと考えています。

※教養試験についての講評はもうすこしお待ちください。
posted by TP at 08:10| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

東京消防庁消防官T類 論文試験の対策課題(練習課題)

 東京消防庁消防官T類採用試験(1回目)の1次試験までいよいよ2週間余りになりました。
 論文対策も着々と進んでいることと思いますが、「主要な過去問は一通り書いてみたので、今回の試験で出そうなテーマを教えてもらえませんか?」と言われることもちょくちょくあります。
 正直言って、出題を予想するのはかなり難しい。ただ、これまでの過去問とは少し違ったテーマを想定して書いてみる(構想を練ってみる)というのは練習としてはたいへん有意義でしょうね。というわけで、2題ほど対策課題を出しておくことにしましょう。自分ならどんな構成の答案にするか、よかったら考えてみてください。

課題−1
「2020年東京オリンピック・パラリンピックをひかえ、災害時における外国人来訪者や障害者の安全確保に関わる問題点をあげ、その対応策についてあなたの考えを述べなさい。」

※参考資料:
「外国人来訪者や障害者等が利用する施設における災害情報の伝達及び避難誘導に関するガイドライン」(総務省消防庁 平成30年3月公表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01shoubo01_02000043.html


課題−2
「都民に信頼される東京消防庁にするために必要なことをあげ、あなたは職員としてどのように取り組むか、具体的に述べなさい。」

※参考資料:
「東京消防庁重点施策」(東京消防庁 平成30年3月公表)
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/kk/priority/priority1.pdf

 答案の段落構成・展開については、『東京消防庁消防官T類 論文試験対策テキスト(2018年受験版)』
などを参考にしていただけると幸いです。
posted by TP at 19:04| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

災害情報伝達、避難誘導に関するガイドライン

 3月29日、総務省消防庁が「外国人来訪者や障害者等が利用する施設における災害情報の伝達及び避難誘導に関するガイドライン」を公表しました。2020年東京オリンピック・パラリンピックを控えていることもあり、こうした内容が論文試験のテーマに狙われる可能性も十分ありますので、一通りチェックしておくことをおすすめします!
 http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h30/03/300329_houdou_1.pdf
 このPDFファイルの1、2ページ目を読んでおいてください。
 もうすこし詳しく中身を知りたいのなら、
http://www.fdma.go.jp/neuter/about/shingi_kento/h29/gaikoku_hinan/07/shiryo7-1.pdf
などにも目を通しておくとよいかもしれません。
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする