2021年03月15日

東京消防庁T類 論文試験練習用課題(対策問題)−1

 東京消防庁T類消防官の論文試験の出題傾向をふまえた練習用課題の一つめを提示します。2017年1回目試験から7回連続で出された「資料・グラフを読み取って論述する」タイプです。自分ならどのように答案を構成するか、ぜひ考えてみてください。

「資料『消防団員の年齢構成比率の推移』から読み取れる課題と対応策について、あなたの考えを具体的に述べなさい。」(800字以上〜1200字程度)

【消防団員の年齢構成比率の推移】(R2消防白書より)
tokei.png

※グラフが小さくて見えない場合は「新しいタブで開く」で表示するか、あるいは以下のファイルを開いて「特集3-2図 消防団員の年齢構成比率の推移」のグラフをご覧ください。
https://www.fdma.go.jp/publication/hakusho/r2/items/special3.pdf

[答案作成のヒント]
 与えられたテーマから、「読み取れる課題」+「対応策」を述べればよいことがわかります。答案の組み立てとして最もシンプルなのは、

(1)読み取れる課題
(2)対応策−1
(3)対応策−2
(4)まとめ

 このような4段落構成でしょう。
 もちろん、

(1)読み取れる課題−1
(2)それへの対応策−1
(3)読み取れる課題−2
(4)それへの対応策−2
(5)まとめ

 ……というふうに課題を2つに分割することもできますし、また、

(1)「消防団」をめぐる現状
(2)読み取れる課題
(3)対応策−1
(4)対応策−2
(5)まとめ

 このように「現状」を簡単にまとめた段落を冒頭に置く手もあります。

 「課題」「対応策」の中身については、以下のような点にくれぐれも留意しましょう。

★課題を読み取るさいには、なぜこのグラフ(「年齢構成比率」)が示されているのかをよく考えてください。出題者はこのグラフからどんな課題を読み取ってほしいのでしょうか。このグラフと無関係の内容を述べてはなりません。

★並列構造を用いて「対応策」(や「課題」)を2つに分割するさいには、適切な組合せになるように気をつけてください。たとえば、2つあげた「対応策」が、よくよく考えるとほとんど同じことだった(かなり重なりあう内容だった)……といったミスを犯さないように。


※答案例と解説は約1週間後、論文試験対策テキストをお持ちの方を対象とする「追加・訂正ブログ」上にアップする予定です。(アップすればこちらのブログでもお知らせします。)
※答案の構成のしかたについては、すでに「論文試験対策2021最新版(全10回)」の記事(3月3日〜3月12日にかけて掲載)でくわしく取り上げていますので、ご参照ください。
posted by TP at 11:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月14日

東京消防庁消防官T類 論文試験の練習用課題について

 東京消防庁T類・論文対策連続記事は(10)まででいったん終了しました。
 これから5月9日(日)の1次試験に向けて、論文の練習用課題(対策課題/予想課題)を提示したいと思います。「グラフ・資料読み取り系」では昨年に出した課題をそのまま流用するいっぽう、それ以外のタイプの課題については最新状況に合わせて新しく作ります。全体で3〜4課題を予定。
 このブログで練習用課題を提示し、数日後をめどに答案例・解説の記事を「追加・訂正ブログ」にアップしていくという流れでいきます。今日明日中にも第1回目の課題を提示するつもりですので、少々お待ちください。
posted by TP at 07:00| その他(更新情報など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月13日

Questionの解答例・解説(論文試験対策)

※この記事は、以下の記事の「続き」です。
⇒ https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480390856.html

◆(応急手当を学ぶ救命講習を受けたことがないと答えた人に対して)救命講習を受けない理由(複数回答可)
Question.
*この回答結果から読み取れる問題を2つ(以上)挙げよ。
*それぞれの問題について、どのような取組みが必要か?

<解説>
 まず、「講習をやっていることを知らなかった」という回答が64.3%もあることから、すぐに思い浮かぶ問題は「救命講習について知られていない/救命講習の認知度が低い」ことでしょう。この問題に対する取組としては、
・救命講習への参加を促す広報を強化する(具体的には、学校や公共施設、民間事業者の店舗などでの掲示、マスメディアやSNSの活用……など)
 という感じになります。
 それではもうひとつの問題は何でしょうか?
 多くの人が選んだ回答から考えるのが自然です。そこで、2番目に多かった「講習を受ける時間がない」(25.0%)に着目するなら、「時間(や日程)が合わなくて参加できない人が多い/参加しやすい時間帯に行われていない」といった問題を挙げることができます。この問題に対する取組は、
・講習を行う時間帯を多様化する
・実施回数や会場をもっと増やす
・参加時間を短縮する
・WEBでの受講を促す

  ……といった線が考えられるでしょう。
 もちろん、応急手当には実技講習が必要なので、WEB(オンライン)学習だけで完結させるのは難しいわけですが、WEB上で学習映像の視聴者を増やせば、結果的に実技講習への参加者も増えるだろうと思います。
 ちなみに、東京消防庁では事前に電子学習することで会場での参加時間を減らす「短縮救命講習/インターネット併用講習」が行われており、学校や事業所などでこのしくみが活用されてきました。現在は、個人でも短縮講習に参加できます。(会場は限られますが……。)
→ https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/kyuu-adv/tanshuku.html
 その他、「講習に行くのが面倒」(16.3%)という回答に着目し、「会場に出向く負担感が大きい」といった問題を挙げることもできるでしょうね。それに対する取組みも具体的に示しやすいと思います。

◆(応急手当を実施できないと答えた人に対して)応急手当をできない理由(複数回答可)
Question
*この回答結果から読み取れる課題を2つ(以上)挙げよ。
*それぞれの課題について、どのような取組みが必要か?

<解説>
 こちらも、選んだ人が多い項目から考えてみます。「自信がないから」「かえって悪化させることが心配だから」を選んだ人が多いことは、一通りの知識をもっていても、実際に行動するとなるとなかなか自信がもてない人が多いということを意味しています。したがって、課題を挙げるとすれば、「一定の知識をもつ人が現場で自信をもって手当できるようにすること」といった方向になるでしょうか。そのための取組としては、
・講習の内容をより実践的なものにする
・(すでに講習を受けた人に)再講習、ステップアップ講習の受講を促す

 ……といった線が考えられます。
 また、「何をしたらよいかわからないから」と回答した人は上位2つとは微妙に異なり、そもそも応急手当の知識、経験がまったくないわけでしょうね。したがって、これに着目するのなら課題は「応急手当の知識、経験をもつ人を増やすこと」=「講習参加者を増やすこと」でよいことになります。参加者を増やすための取組ならば、すでに先の項目でも挙げたように、広報の強化、時間帯や会場の多様化……といった線で十分です。
 一方、選んだ人の割合はそれほど多くないのですが「誤った応急手当をしたら責任を問われそうだから」(26.8%)「怖いから」(18.2%)「感染などが心配だから」(6.7%)といった回答も気になりますね。応急手当をする場合、自分自身がケガや感染をするかもしれない、あるいは手当した相手方から訴えられたりするかもしれない……という不安は当然、生じるでしょう。それらのリスクに対し、「安心して/不安なく」応急手当ができるようにすることも課題になります。
 もしこの点を取り上げて論述するのであれば、東京消防庁が2015年に創設した「バイスタンダー保険制度」をふまえておくべきでしょう。この保険制度はおもに、応急手当をした人自身がケガや感染をした場合、見舞金などを支給するという内容。ただし、それとは別に、応急手当をした人が傷病者やその家族から損害賠償請求をされたケースでも、法律相談のための見舞金を支給することになっています。
→ 参考:https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/hp-kouhouka/pdf/270903_2.pdf
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月12日

東京消防庁T類 論文試験対策2021最新版(10)

 「東京が直面している課題」「都民が東京消防庁に期待していること」などをまず挙げ、それをふまえて「消防官としてどう取り組むか」を後段に述べるといったテーマも想定しておきましょう。(Dタイプ。具体的には2011年2回目・2010年1回目などが典型です。ちょっと古いパターンなのですが、復活するかもしれないので。)
 このタイプの論文では、まず「東京の課題」「東京消防庁に期待されること」をきちんと示す必要がありますが、ここで注意したいのはあくまで「東京」ならでは・「東京消防庁」ならではの課題を考えるべきだという点。「生命を守る」「安全を守る」みたいな、漠然とした内容では不十分でしょう。たとえば、

★人口や産業が集中する東京では、災害・事故が発生したときの被害が大きくなりがちだ。さらに、社会環境の変化や世界的な気候変動などを背景に、災害や事故は多様化しつつあるので、防災防火対策に万全を期す必要がある。
★官庁・オフィス街、高層マンション、木造住宅密集地帯……など、首都東京には多種多様なエリアが存在するので、それぞれの地域特性に応じた防災・減災対策を着実に進めていく必要がある。
★外国人住民が増加しているので、日本語を母語としない人々の安全を守る対策の強化が急務だ。
★近い将来、高い確率で首都直下地震の発生が予想されている。東京消防庁としても地域住民や民間事業者との連携を強化し、首都直下地震の被害を最小化するための取り組みを全力で進めていかねばならない。


 ……などなど、あくまで「東京」「東京消防庁」ならでは課題を明確にし、具体的な取り組みを述べていくように心がけてください。
 そのためにも「東京の消防白書」「東京消防庁重点施策」などの資料の読み込みはきちんと行っておきたいものです。こちらで作成している「東京消防庁T類 論文試験対策資料集」もぜひ参考にしてみてください。
⇒ https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480170929.html

 全体の段落構成は、おなじみの並列構造を使えばきれいに整理されたかたちになるでしょう。たとえば、

 ・東京の現状と、都民が東京消防庁に期待していること
→・これからの取り組み1
→・これからの取り組み2
 …といった具合ですね。


※東京消防庁T類論文の実際の過去問については、以下のページにまとめてありますのでご覧ください。
⇒ https://tokyoshobo.uijin.com/contents03.html
※なお、実際の過去問の答案例やくわしい解説は『東京消防庁消防官T類 論文試験対策テキスト(2021年受験版)』に収録しています。内容については以下をご覧ください。参考にしていただければ幸いです。
⇒ https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480170884.html
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

東京消防庁T類 論文試験対策2021最新版(9)

 Cタイプの答案で、最もシンプルな構成は、

(前半)
 冒頭段落:「学んだこと」の中身を端的に提示
  ↓
 第2段落〜:それを裏付ける経験談をストーリーにして述べる
(後半)
 「学んだこと」の中身を再度明示したうえで、「消防官としてどのように活かしていくか」を述べる
  ↓
  最後に「決意表明・抱負」を述べてしめくくる


 ……といったものでしょう。
 字数・段落数を増やすには、経験談のところをいくつかの段落に分け、くわしく書いていけばよいのです。
 その他、AタイプやBタイプの答案で取り上げた「並列構造」を使う手もありますよ。
 たとえば、「学んだこと」=「正確な情報伝達能力」として答案を書くとすれば、

 私が経験を通して学んだ「正確な情報伝達能力」を消防官としてどのように活かしていくか
 →第一に、チームや組織の中で活かすことができる。具体的には〜〜〜
  第二に、住民や民間事業者との関係において活かすことができる。具体的には〜〜〜


 ……というふうに「消防官としてどう活かすか」の内容を分けて述べていってはどうでしょう。
 むろん、思い切って「学んだこと」自体を並列構造で処理してしまうこともできますね。

 学んだことその1→裏付ける経験談→これからどのように活かしていくか
 学んだことその2→裏付ける経験談→これからどのように活かしていくか


 こんなふうな構造にすれば、全体が最低でも6パーツ(段落)になりますから、ネタ切れ・字数不足の心配はなさそうです。
 それでは、次回は残るDタイプの論文への対策を取り上げてみることにします。

※東京消防庁T類論文の実際の過去問については、以下のページにまとめてありますのでご覧ください。
⇒ https://tokyoshobo.uijin.com/contents03.html
※なお、実際の過去問の答案例やくわしい解説は『東京消防庁消防官T類 論文試験対策テキスト(2021年受験版)』に収録しています。内容については以下をご覧ください。参考にしていただければ幸いです。
⇒ https://tokyoshobosiken.seesaa.net/article/480170884.html
posted by TP at 07:00| 論文試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする